難波人妻デリヘル「午後の人妻」志保

難波人妻デリヘル「午後の人妻」

店名:午後の人妻
キャスト名:志保
T158・83(C)・58・84 38歳

お昼どき限定の難波人妻デリヘル

難波人妻デリヘル「午後の人妻」は、変わったコンセプトの風俗店です。同店は営業時間が11~17時。お昼どきから夕方の時間限定で人妻風俗嬢と遊ぶことができます。お昼から午後といった明るい時間帯に、繁華街・難波のホテルで人妻風俗嬢と遊ぶというシチュエーションは不倫を連想させます。それだけに同店は昼間に風俗を楽しみたい・不倫のようなひとときを過ごしたい方にオススメです。

同店はローターと電マが無料で使えることも特徴です。一般的な風俗店ではローターは1,000円前後、電マは3,000~5,000円前後の追加料金がかかります。これらは両方とも女性をより興奮させるためのアイテムです。プライベートなオナニーでこれらの道具を使う女性も多いので、プレイのときに利用することによって自然なリアクションを楽しむことができるでしょう。

大人の色気がある人妻と対面


難波人妻デリヘル「午後の人妻」で指名した「志保」さんは、大人の色気漂う妖艶な女性です。キレイな人妻でありますがそれ以上に色気がすごいという印象。窓から光が差し込むお昼どきに彼女と対面しましたが、間近で話をするだけでドキドキしてきます。それだけに夜の時間帯に彼女と対面してみたいという気持ちになりました。

そんな彼女は目鼻立ちがはっきりとしたキレイな顔立ち、程良く引き締まったセクシーな肉体が魅力的な女性です。同時に大人の女性が持ち合わせるようなフェロモンが漂い、容姿以上に「イイオンナ」だと思わせます。そのためプレイ前からムスコがビンビンに膨れ上がり、戦闘態勢が整ってしまいました。

淫らな反応に興奮


「志保」さんはプレイが始まると淫らな反応を見せてくれます。キレイな形のCカップバストを揉みながら乳首を舐めると、「ハアンッ」という艶めかしい喘ぎ声が響きました。さらに背中をフェザータッチすると、乳首が徐々に「ピンッ」と立っていくのが感じられます。妖艶な雰囲気が漂う彼女だけに、感じている姿も私を興奮させてくれました。

続いてすでにグッショリと濡れている秘所を責めます。突起した部分をゆっくり舐めながら、秘所の中に指を入れてかき回すと、身体をくねらせながら感じています。艶っぽい喘ぎ声はどんどん大きくなっていき、「イクッ」という声とともにセクシーな身体を仰け反らせる彼女。その姿を見て満ち足りた気分になることができました。