谷九人妻デリヘルに関するドラマ

・谷九人妻デリヘル狂が憧れの女性と出会う

谷九人妻デリヘルと出合ってからというものの私は10年間週の5日は谷九市の居酒屋で社員として働きながら週末は人妻デリヘル三昧の生活を送っていた。給料は、ほとんど谷九人妻デリヘルに使っていた。そんなある日いつものように谷九の人妻デリヘルを自宅に呼んだ。いつからか人妻デリヘルを呼ぶときは指名せずにフリーで遊ぶようになっていたのだ。あえてフリーにすることで、どんな嬢が来るのか楽しみになっていたのだ。『ピンポーン』インターホンがなった。玄関のドアを開けると自分の目を疑った。なんと目の前に立っていたのは10年前に同窓会でヒドイ振られ方をした、Aさんだったのだ。私はただ呆然と立ち尽くしていたが『Aです。よろしくお願いします。ん?そんなにキョトンとして、どうかされました?』どうやら私だと気づいてないようだ。『いや、あまりに綺麗だったんでつい見とれてしまって』 そのままシャワーも入らずにベットに移り、憧れだったAさんとセックスをした。今まで妄想の世界でしかヤッたことがなかっとので実物を目の前にしてかなり興奮していた。やっぱり谷九人妻デリヘル最高!! そして最後にAさんの上にまたがり私はこう言った『久しぶり…僕だよ覚えてる?』

・谷九人妻デリヘルを利用するきっかけとなった悲劇

現在は谷九人妻デリヘルにはまっている私だが、初めての風俗店はお兄さんに連れられてのことだった。あまり現金の持ち合わせがなかったので指名はせず、フリーにすることにした。3番の札を渡されドキドキしながら待合室で待っていると、タキシードを着た店員に『3番の札をお持ちの方、お待たせしました、ご案内しまーす』友達に行ってくるとガッツポーズをし、いざ出陣。恥ずかしいのもあり、部屋に無料のオプションのアイマスクがあったので付けて店員に言われた通りシャワーを済ませ全裸の状態で待っていると、カチャッとドアが開く音がした。 唇を優しく温かいものが覆いかぶさってきた。キスだそれも初めてのキス。そのまま私の全身を舐め回し、ついに下の方に来た。こちらも初めてのフェラ。存分に舐めまわされた後アソコにゴムをはめられ『入れるよ』もう初めてづくしで訳が分からない状態になっていた。もう我慢できずついに私はアイマスクを外した。…ん?、『うわっ!』思わず声を出してしまった。目の前にいたのは見るに耐えない程の巨漢の女が私の上に乗っていたのだ!正直、興奮しすぎて気づかなかったが、かなり重い!すぐにプレイを止めたかったが私のアソコはバカ正直でそのままイッてしまった。 店を出た後、友達も同じような顔をしていた。どうやら私達はぽっちゃり専門の店に連れられたらしい。これが、私の初めての風俗と童貞卒業式だった。私はそんな悲劇が続かないように、スタイル・ルックスともにハイクラスな女性が多いという谷九人妻デリヘルを利用し続けている。